2017.11.20 Monday

「モチモチの木」

0

     所用でモチモチの木の横を通った、野間の大ケヤキ(当農園から40分ぐらい)のことを我が家では勝手に「モチモチの木」と呼んでいる、初めてこの木を見た印象がモチモチの木だったからだ。一年のうちに何度かこの大ケヤキを見る機会があるが、いつも誰かがいて大勢の人で賑わっている時もある。木は人に愛される、人は木を愛する、そして木に癒やされる、人にとって木はとても大切なのだ。「こんにちは、今日もありがとう。」

     

     

    2017.11.19 Sunday

    冬の風

    0

       稲刈りはおおよそ終了した、一部では土がしゅるくて(関西弁?ぬかるんでいての意)稲刈りが出来ていないが、とりあえずありがとう、いつもありがとう、ところでもうすっかり冬の風が吹いている、季節が一歩進んだ感じがする、秋は深まり冬も近い、サヤエンドウの芽がポツポツと顔を覗かせ始めた、芽が出る時はいつもワクワクする。

       

      北よりの風は冷たいが透明感があって心地よい

       

       

       

      2017.11.16 Thursday

      よく冷えて

      0

         よく冷える、霧の朝は寒い、太陽が顔を覗かせてくると暖まる、それでも今日は北よりの風が一日中冷たくて寒かった、時雨が心配だったのと土がまだ十分に湿っていたので稲刈りを見合わせて、タマネギの定植などに精を出した。

         

        霧晴れる頃

        2017.11.13 Monday

        よく晴れて

        0

           今日は稲刈り、南よりの風が強かったが、時雨の心配はなく、よく晴れて、稲穂はよく乾き、いい稲刈りができた。それにしても朝は冷えた、深い丹波霧が日差しを完全に遮り、朝の寒さは続いた。

           

           

           

           

           

           

           

          2017.11.12 Sunday

          時雨

          0

             今年の秋は雨や台風が多くて何かと大変だが、稲刈りは(少し遅れ気味ではあるものの)順調に進んでいる。ちなみに、秋が深まってくるこの時期、北西の季節風が吹く日は時雨に注意しなければならない。北西の風が吹いて時雨れそうな予感がする時は例え快晴であっても稲刈りを見合わせる時がある。瞬く間に天気が急変し激しい雨に見舞われる時がよくあるのだ。そう、農作業はすべて天気しだいである。

             

            稲刈りを終えた田んぼにて

            2017.11.06 Monday

            晴天

            0

               今日は秋晴れ、稲刈り日和。晴天の日が多く田んぼも大分乾いてきた。今日の稲刈りも無事に終わった。いつもありがとう。

               

               

               

              2017.11.05 Sunday

              新米の販売を開始致しました。 〜京都丹波の里はらだ自然農園より〜

              0

                 いつもありがとうございます。大変長らくお待たせ致しました。29年産新米の一般販売を開始致しました。今年も美味しく仕上がりました。どうぞよろしくお願い致します。 →  京都丹波の里はらだ自然農園ホームページ

                2017.11.01 Wednesday

                霧晴れて

                0

                   朝晩はすっかり冷え込むようになった、朝は深い霧で被われることが多い、日差しが届かない霧の世界、寒いがこれはこれでとてもいい。しばらく晴天が続きそうだ、今日もとても良い天気だった、稲刈りが進みますように。

                   

                  霧が晴れていくところ

                   

                   

                  桜の木

                   

                  2017.10.27 Friday

                  稲刈り

                  0

                     昨日からいよいよ稲刈りを始めた。土曜日、日曜日とまた雨が降りそうなので急きょ稲刈りに決めた。田んぼはまだ水が溜まっている所があるが何とか稲刈りができるところから始めた。農作業は天気に合わせる、合わせるがどう合わせるか、予定を早めるのか遅らせるのか、その日その瞬間に判断するしかない。刈り取ったお米はゆっくり乾燥させる。籾すりは雨があがってから行う。

                     

                    2017.10.24 Tuesday

                    台風過ぎて

                    0

                       台風の規模は大きかった、その前から雨が降り続いていた、夜中は風の強さが気になってよく眠れなかった、稲が心配だった、稲は風になびいたが、幸い何もなかった、良かった、でも農小屋の屋根の一部が吹き飛んだり、排水路に草が詰まって溢れたり、畑の支柱が折れたり、昨日今日とそれらの処理に追われた、風の力、雨の力、水の力、排水路に詰まった草を取り除くのに苦労しながら(大量の草の葉や茎などが絡まって大きな塊になっていた)、自然の凄まじさをしみじみと感じる、どうしようもない時はどうしようもないのだ、草の大きな塊をやっとこさ取り除くと一気に水が流れる、水のあまりの勢いに恐れをなす一方、とてもスッキリした。雨で田んぼには水が溜まっている、収穫は例年より少し遅れるかもしれない、でも稲はとても美味しそうだ、新米をお待ちの方、今しばらくお待ちください。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      台風一過

                       

                       

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected Entries
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM