2013.07.28 Sunday

道のり

0
     畦草刈り、コツコツコツコツ、毎日毎日コツコツコツコツ、ついこの前刈ったばかりの畦草がもう伸びている、草を負かそうと思えば自分が負ける、夕方雨が降ってきたので急いで刈った、本当は草の顔を一本一本見ながら刈るぐらいの気持ちで刈るほうがいい、道のりは長い。

     


     

    2013.07.25 Thursday

    ギラギラ

    0
       暑い。夏の太陽はギラギラだ。田んぼの草取りもようやく終盤に差し掛かってきた。半分の田んぼは草取りをしなくてもよいくらい、草より稲が優占的に育つ(でも草取りではなく稲の生育を促す目的で除草機をかける時もある)。しかし残り半分の田んぼは草取りをしたほうが良い、しないと稲が負けてしまう所がある。今年は雨が少なくて田植え後しばらく田んぼの水が不足してしまい、例年になくヒエが多い(ヒエを多く発生させてしまったのは初めてだ)。確かに部分的には草に負けてしまっている所があるが、まあ全体としては雑草対策はOKだろう、たぶん。よって日曜日からは畦草刈りを中心に農作業を進めている。ようやく畦草刈りに取り掛かることができるようになった。それにしても明日も暑そうだ。


      苗代にしていて一番最後に植えた田んぼ(田植え7月6日)。除草機からの眺め。


      同じく除草機からの眺め。水面に浮いているのはウキクサ。ちなみに草は少ない。

      2013.07.23 Tuesday

      0
         雨は降るだろうか、強く降るのか、弱く降るのか、程度はどれくらいか、それとも降らないだろうか、雷鳴は轟くだろうか、風の強さはどうか、野良仕事はいつも天気と相談だ、天気に合わせて田んぼの水管理や作業など田んぼへの関わり方を調節する必要がある。雲や風を見るのも大切な仕事のひとつと言えるかもしれない。

         


         


         


        2013.07.21 Sunday

        休憩がてら

        0
           農作業の合間、休憩がてらに田んぼのすぐ近くのハスの花を見に行った。いつも軽トラで通りがかりに見ているが、わざわざ近づいて見たのは今夏初めてだ。やっぱりきれいだなあ。心が和む。若かりし頃、花に心を奪われることはなかった。たぶん。そうだなあ、それだけ年を重ねたということか(しんみり)。

           


           


           


          2013.07.19 Friday

          一喜一憂

          0
             稲が元気だと、こちらも元気になる、稲を育てる、そうなのだ、育てることが仕事なのだ、稲の表情は日々異なる、朝夕でも異なる、天気に合わせるように調子も上がったり下がったりするように見える、同じように見えるがやっぱり移ろうように見える、それに合わせてこちらも一喜一憂する。

             


            2013.07.18 Thursday

            抱えながら

            0
               それにしても相変わらず農作業に追われている。どれだけ心を落ち着かせても、どれだけ精神を統一しても、どれだけ素晴らしい音楽を聴いても、やらなければならない仕事は目の前に広がっている。やりたい(つまり、やらなければならない)仕事が、例えば10あっても、その日にできる仕事は1か2、そうして仕事は持ち越されていく、毎日多くの選択肢があって、毎朝の田周り(観察)の中でやる仕事を決めていく。農家の仕事とは、そういうものかもしれない。田んぼの中に草が生える、田んぼの畦に草が生える、それも同時進行的に、それも勢いよく(田んぼの草は、田んぼによっては大人しくしているが・・・)。田んぼに水を入れなければならない、でも日照りが続くと思うように水が来ない、やっと水がやって来てもその下ではさらに他の人の田んぼが水を待っているかもしれない。(水量はそんなに多くないから水路をせき止めて一枚の田んぼに水をいれると、その下の田んぼには水はいかないのである。)自分だけの田んぼではなくて、その下の色んな田んぼを同時に見て回る必要がある。(なかなか面倒だろう。)使った農機具の掃除、整備、そうだ最近鹿はあまり見かけないが、猟師さん達が獲ってくれたのかもしれない、ありがたいことだ。私にはその資格もないし、技術もない。千里の道も一歩から、今は田の草取りを優先していくしかない、そうしなければ稲が育たない、それが今やるべきことだ、明日もいくぜ!したくてもできない仕事を抱えながら!

               


               


               


              2013.07.15 Monday

              恵みの雨

              0
                 7月13日〜15日にかけて梅雨のような3日間だった。雷鳴と共に雨が降った。時に激しく。おかげで田んぼは潤った。恵みの雨だった。ほんとに。地域全体で田んぼの水は不足していた。田んぼは雨を待っていた。恵みの雨か・・・日照りが続いて、喉が渇いて渇いて、もうアカンと思うような時に雨が降る、救われる、田んぼも人も。毎日の水管理はシビアだ。無農薬の稲作りにおける雑草対策では、本当は潤沢な水が必要だ。水面から田面を出してはいけない。でも何とか田んぼの雑草とはうまく付き合っている。土が育ってくればあまり雑草が生えない、もしくは大人しくしている(しかし必ずしもこの法則が当てはまるわけではない、そう思う。泣かされる田んぼには毎年泣かされているし・・・そう何故だかよく分からない、雑草が生えやすい田んぼがある、しかしそんな田んぼもある年から急に全然生えなくなる時がある、おもしろいもんだ)。また要点を極力抑えていくことで雑草が生えても稲の方が優先的に育っていく。もちろん雑草が目立つ田んぼでは適期に草取りに入ることが大切だ。

                 



                 


                2013.07.12 Friday

                ニイニイゼミ

                0
                   そう言えば数日前からニイニイゼミが鳴いている、たぶんニイニイゼミ、夕方通りがてら鳴き声がする木の上の方をじっくり眺めてみたが、セミを見つけることができなかった。ところで明日雨が降るだろうか、降って欲しいなあ、日照り続きで田んぼの水が不足している、田んぼは水を欲している。

                   


                  2013.07.11 Thursday

                  ぎらぎら

                  0
                     暑い日が続く、太陽は元気いっぱいだ、ぎらぎらとした日差しが降り注ぐ、稲は自然の恵みの中で育っていく、明日もやるぜ!

                     


                    2013.07.10 Wednesday

                    緑の世界

                    0
                       今の主な仕事は田の草取りと畦草刈り、毎日稲と関わり、田の草と関わり、畦草と関わる、緑の世界だ、やってもやっても作業が追っつかない、だからどこかで心を落ち着かせる必要がある、それにしてももう夏かー、今年の夏は長いぜ、稲はよく育つ!

                       


                       


                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2013 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM