2014.01.30 Thursday

山雨

0
     朝からシトシトと雨が降り続いた。午後になりいつの間にか雨は上がったが、気が付けばまた降っていた。雨の日は、時に、ゆるやかに時間が流れる。雨に濡れ霧にかすむ山は昔観た水墨画をいつも思い起こさせる。

     


    2014.01.27 Monday

    快晴

    0
       よく晴れた。雲ひとつない快晴だった。冬のこんな日は作業日和だ。しかしまだまだ冬本番、寒い日はどんどんやってくると思われるが(冬は冬らしく寒い日がどんどんやって来て欲しいが)、やるべき仕事をコツコツ進めていくのみだ、そう季節は進むのだ。

       


       


       

      2014.01.24 Friday

      丹波の霧

      0
         朝はいつものように深い霧にすっかりおおわれて冷え込んだ。いわゆる丹波霧だ。霧が晴れると暖かな日差しがふりそそぎ気温が上昇した。風もゆるやかで気持ちの良い穏やかな天気の一日だった。帰り際、ふと空を見ると、星がとてもきれいだった。久しぶりに冬の夜空をしみじみと眺めた。オリオン座とカシオペヤ座が確認できた。北極星はどれだったけかな?あのよく輝いている星か?星座かあ、いいもんだ。



        2014.01.22 Wednesday

        昼ごはん

        0
           今日の昼ごはんは、うちの畑で採れた小松菜と大根の料理、そしてさんま、それにうちの農園のお米(ごはん)、テーブルに並べられたごはんと小松菜と大根をしみじみ眺めながら、最高の贅沢やなあ、と妻に言ったら、そうかなあ?、と妻は言った。そう、価値観は人によって全然違うのだ。昨日の話じゃないが、私は食べ物にとてもうるさいが、妻は食べ物に関してはまず文句を言わない。うーん、やっぱり私の負けかもしれない(笑)。

           


          2014.01.21 Tuesday

          自然

          0
             自然はいい、ただそれだけが言いたい、でもありとあらゆる便利なものに囲まれて生きているから、どこか曖昧だ。いろいろと考えさせられる。縄文人にはなれない。この便利な世の中にあっては、やはり食べ物も同じ運命を辿るのだろうか。なぜこんなにも食べ物すら自然から遠く離れてしまったのだろうか。あらゆる場面を乗り切れる、あらゆる機能が求められたからだ、たぶん。その結果なのだ。

             


             


            2014.01.17 Friday

            0
               今は農閑期。田んぼに稲は植わっていない。春から秋にかけては仕事に追われる、農作業に追われる、畦草刈りに追われる、草と同化するくらいに。農繁期は生活のすべてをほぼ完全に自然に合わせる。冬は少しだけ自分のペースで仕事ができる。春と夏と秋にできなかった仕事をこなす。機械の整備もやらないといけない。本当は機械の整備は自分一人の力では到底追いつかないのが現状で、ある程度ごまかしながら、時には機械屋さんの力を大いに借りながら、機械を手入れする。冬は冬でやることは多い。それにしてもよく冷え込む。こうしてしっかり冷え込んでくれると何故か安心する。冬は寒いのがいい。春は春らしく、夏は夏らしく、秋は秋らしく、冬は冬らしく。

               



              作業の合間に


              2014.01.14 Tuesday

              穏やか

              0
                 冷え込んだが、風はゆるやかで、穏やかな天気だった。時々人に会う。話をする。穏やかな変わらぬ日常。これでいいのだ、バカボンのパパは言った。素敵な言葉だ。

                 


                 

                2014.01.10 Friday

                雪の朝

                0

                   雪だ、風が冷たい、雪の朝は空気が澄んでいる、特に何もない変わらぬ日常だけれど、心地良い。それにしても、雪は白い、不思議だ。自然はきれいだ。

                   


                   


                   

                   

                   


                  2014.01.07 Tuesday

                  仕事始め

                  0

                     あけましておめでとうございます。

                     今日は仕事始め。

                     久しぶりの仕事は、時間が経つのが早かった。

                     会った人など何人かと挨拶を交わす。

                     変わらぬ日常、日々のくり返し。

                     朝、立ち話したおっちゃんは、いい事言っていた。なるほどなあ、先輩はやっぱり歩いてきた道が長いのだ。


                     正月は久しぶりに仕事を離れて遠出した。行く先で働いている人のお世話になった。

                     誠心誠意。心のこもった仕事はいつまでも暖かくこちら側の心に残るものなのだと、しみじみ感じた。

                     

                     それにしても、うーん、海はでかいなあ。

                     


                    Calendar
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << January 2014 >>
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM