2014.05.31 Saturday

爽快

0
     それにしても暑いなあ。ホトトギスの爽快な声が響く。畦草刈りも、田植え前の田起こしも大分進んだ。さて、いよいよ苗も大きくなってきた。田植えは近い。それにしてもやっぱり暑い。


    苗代。黄色の糸は鳥除け。色々な鳥がやってくる。


    稲の苗と朝露


    2014.05.28 Wednesday

    生長

    0
       苗代に育苗箱を並べてからずっと掛けておいた稲の苗シートを取った。苗がそれだけ生長したということ。出芽が揃い大きく生長した苗。うれしい瞬間でもある。朝から日暮れまで今日も一日畦草刈り。山からは竹や木が侵出してきて竹や木も切らなければならない。刈っても刈っても伸びてくる草、我毎日草に会い、毎日草と戯れ、毎日草と話す、そんな感じである。


      稲の苗。本葉が3枚出ている。


      里の朝


      2014.05.25 Sunday

      ようやく

      0
         今日も一日お疲れ様。育苗箱並べも今日でようやく終了した。ありがとう。感謝。それにしても暑かったなあ。おやすみなさい。


        苗代の様子(撮影日 5月24日)


        2014.05.23 Friday

        今日も一日

        0
           今日も一日ありがとう、楽しかったぜ。連日、畦草刈りに精を出している。刈っても刈っても生えてくる雑草、自然とはそういうものだ、だから草が伸びてきたら刈る、そしてまた伸びてきたら刈る、それを季節が巡るのと同じようにただ繰り返す。さて、育苗箱並べもいよいよ大詰め、明日は苗代の代かきと均平作業だ。

           


          2014.05.21 Wednesday

          手に負えないもの

          0
             自然は容赦ない、よくそう思う。こちら側の大いなる都合なんてまるで関係なく、ただ淡々と季節を進ませ、風を吹かせ、雲を運び、雨を降らせる。昨晩から今朝にかけての強風雨で苗の保護シートを飛ばされた。そうならないように両サイドを土でしっかり押さえておいたのだが、それでも飛ばされた。大事には至らなかったが、紙一重だった。 
             自然の都合がすべて、自然に合わせ、自然に従うしかない。先日、日本画家の千住博さんが言っていた、「手に負えない自然というものを毎回経験していくということが、とても現代人にとって大切な気がする」。うーん、経験してるぜ、泣きたくなるほど、毎日毎日、体の隅々まで染み渡るほどに。6月に友の結婚式の予定が2つも入った、親友達の結婚式、いずれも断った(本当にすまない、それからずっと心苦しいのだ)、6月は代かきと田植えの時期、明日の用水路の具合や田んぼの水の入り具合や天気の様子や田んぼの状態だって分からない、一日を逃すと次のチャンスは時にはずっと先になる、田植えの適期は限られている、決して不眠不休でやっているわけではないのだが、その一瞬一瞬を捉えていかなくてはならない。
             大げさかもしれないが、全身全霊、自分のすべてで田んぼと向き合う、山に棲む獣だって毎日のように田畑を狙ってやってくる。
             
             
             ふと、こんなことでいいのだろうかと、よく思う。
            「手に負えない自然というものを毎回経験していくということが、とても現代人にとって大切な気がする」「何でもコントロールできると思うことに非常に大きな過ちというものの、そもそもの発端がある」千住博さんのこれらの言葉にどこか救われたような気がした。ありがとうございます。

             



             



            2014.05.19 Monday

            ホトトギス

            0
               今日の育苗箱並べも無事に終わった。ありがとう。暑かった。そうだ、昨日、ホトトギスの声を聞いた。今日も山の方から聞こえてきた。初鳴き?季節は巡る。

               


               


              2014.05.18 Sunday

              明日

              0
                 日差しが強かった。明日の育苗箱並べに向けて苗代の均平作業に精を出した。結構てこずった。明日も天気は良さそうだ。いや良過ぎか?

                 


                 


                 

                2014.05.17 Saturday

                道のり

                0
                   良い天気だ、今日も仕事、明日も仕事、がんばるぜよ、うーん田植えまで、道のりはまだ遠い。

                   


                  2014.05.16 Friday

                  明日の朝

                  0
                     作業をどんどん進めたいが、一日の時間も労力も限られている。だからいつも一日の仕事を終えて帰る時、明日の朝が待ち遠しくなる。こんな私を見て妻が言う、「仕事好きやなあ」と。うん?好き?どうなのだろうか?とにかくやらなきゃ畦が荒れるし田んぼが荒れるし、猪や鹿にもやられるし、ひいてはお米も野菜も育たない。だからそうならないように、目の前に広がっている仕事を片づけていくしかない。ただひたすら無我夢中なだけなのだ。


                    作業の合間の空


                    苗の様子。出芽は揃っているようだ。まずは良かった。ありがとう。


                    2014.05.14 Wednesday

                    予想一転

                    0
                       は種(第2回目)は無事に終わった。途中、何度か播種機が詰まって作業を中断したが、大きな問題はなく、概してスムーズだった。ありがとう、感謝!そうだ、強い日差しが照りつけるハウス内の暑さを覚悟していたが、予想は一転、一日中太陽は雲に隠れて顔を出さず、暑くもなく寒くもなく、種籾の乾きも早く(写真)、絶好のは種日和だった。


                      は種前の種籾の様子。一晩水切りした後、ござの上で乾かす。

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << May 2014 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM