2014.12.31 Wednesday

ありがとうございました。

0
     ゆく年、くる年、何か色々と書きたいと思ったが、何だか遅くなってしまった。今年もお世話になりました。ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。
    2014.12.29 Monday

    何だか

    0
       何やかんや言っても、やっぱり年末は慌ただしい。仕事をすべて片づけることなど到底できないが、まあ仕方ないだろう。少し飛び出して自然の息吹を感じる、自然は何だか静かだ。

       


      2014.12.28 Sunday

      千枚漬け

      0
         昨年から家で千枚漬けを作るようになった(作るのは妻だが・・・)。畑で育てたかぶを使う。畑の世話はあまりできないが、種を撒いておけばそれなりに育ってくれる。土と太陽は本当にありがたい。千枚漬けがなくなれば、またかぶを抜いてきて妻に渡す。今は冬で作業的にも体力やエネルギーはそれほど使わない。玄米や分つき米のご飯(自分で育てた無農薬のお米)に千枚漬けや自分で育てた野菜のお浸しがあれば、もうそれだけで満足、これに味噌汁がつけば最高級で、私にとってはこの上ないご馳走であり至福なのだ。大げさではなく、毎食感動する、家族に「もういい、わかった」と言われるくらい。私は時にとても大食いで、時にとても粗食である。お米と野菜が中心、肉は控え目が我が家の食卓であるが、2015年を機に、もっと本気に食を見直していきたいと思っている(少なくとも私はであるが・・・)。つまり食べる量ではなく、何を食べるかということについて。土の力で育った無農薬のお米と野菜があれば体は心から喜ぶ。

         


        2014.12.27 Saturday

        日常

        0
           昼過ぎ頃から少し強めの北西の風が吹いて時雨に見舞われた。今日は雨の心配はないと思っていたが分からないものだ。しかし大したことはないと思われたので、その後コンバインを引っ張り出して日が暮れるまで掃除をした。その間、一度軽い時雨に見舞われた。気が付くと空の上の方に三日月が浮かんでいた。すっかり暗くなると急に冷え込んだ。

           


           


          2014.12.25 Thursday

          時雨日和

          0
             北の方の天気が荒れ気味で北西の風が吹く日は、当地では時雨に注意が必要だ。当地の天気予報では晴れや曇りであっても、一時的であるにせよ雨が降る確立が高い(日によっては一時的にとても激しく降ることがある)。こんな日はそのつもりで仕事の段取りを立てる。雨に濡れると困るような作業を予定している時は、天気を読み過ぎてともすれば慎重になり過ぎることもある。明日も時雨が予想される。年内に、ある程度というか出来る限り田んぼの整備や後片付け等をすませておきたいが、いずれにせよ今年は本格的な冬を迎える前に秋耕起を終えることが出来たので随分と気は楽だ。

             


            2014.12.22 Monday

            未知

            0
               早いものだ、気が付けば、もう12月も半ば、いや今日は12月22日、もうクリスマス、年末ではないか。秋の稲の収穫が終わったのが1カ月前(そう考えるとこの1カ月は意外と長いが・・・ここに来て急に日が過ぎるのが早くなったようだ)、それから田んぼの秋起こしを終えたのが11月末、そこでようやく自然の理から解放されて(まあ自然の理は日常生活の隅々に息づいているが・・・)、とりあえず自然のペースではなくて、自分のペースで仕事ができるようになった。日が暮れるのがとても早いので、夜長に本を読んだりしているが、それにしても未知の世界は広がっている。

               


              2014.12.18 Thursday

              初雪

              0
                 初雪だ、たぶん、よく降った、そしてよく冷える、それにしても雪はきれいだ、白銀の世界だ。

                 


                 


                2014.12.17 Wednesday

                冬鳥/渡り鳥

                0
                   今朝も冷えた。気温もなかなか上がらない。風も強い。少し穴掘り作業をしたら体が温まった。昼の小さな畑での収穫は、空気の冷たさの中に降り注ぐ日差しが暖かくて気持ちが良かった。家で食べる僅かな野菜を収穫した。とても地味だ。でも地味がいい。沢池は薄氷が張っていたが、冬鳥として渡って来るマガモで賑わっていた。池の畔に備え付けの大きな双眼鏡を覗くと、それははっとするほどとても美しくて、一瞬彼ら彼女らの世界に入り込んだような感覚を覚えた。胸の中が暖かくなった。彼らは楽園に暮らしているのだと思った、大げさではなく。

                   


                  2014.12.13 Saturday

                  自然

                  0
                     今日は休みにして朝から家にいた。体を動かさないからか、久しぶりに食べる量を控えた。昨日は食べることを強調したが、身体の雰囲気でわざと朝食を抜く時もある、農作業がある日でも抜く、腹ペコが心地良い時もある、たぶん腹ペコの状態を身体が求めるからだ。ところで今日は一日家でゆっくりして体を休める予定が、夕方近くになってから近くの公園に運動をしに行った。風が強くて冷たかったが、体を動かすと暖まる。動くから食べる、お腹が減るから食べる、食べるなら動く、プラスマイナスゼロ、何かが気持ち良く体の中で循環していることを求める、それは実は田んぼの土だって全く同じだし、稲だって同じだ、うまく循環または消費できない余剰分がどこかに蓄積すれば作物だって病気になりやすくなる、害虫だってそういうところに集まるというのが自然の摂理である、だからそこに気をつける、人の体はもちろん、気持ちや心だって同じかもしれない。公園は大きくて木がとてもいっぱいあって、近くに川が流れ、水辺もあり、少し先には山がある、自然は人の心を癒す、心の中で何かが循環するのかもしれない、自然はありがたい、つくづくそう思う。

                     


                     


                    2014.12.13 Saturday

                    ご飯

                    0
                      ●私は一日にご飯をやや大きめのお茶碗で7杯半から8杯食べる。おやつにおにぎりを食べる日はそれ以上になる。ダイエットを目指す人にとってはとんでもない話かもしれないが、これでももう少し食べたいところでやめている。自慢をしているわけではない。ご飯では太らない、たぶん。高校生の頃から体重は変わらない(一時期を除くが・・・)。自慢ではない、確かに農作業で体をよく動かしている、それに見合った量を食べているに過ぎない、つまり見合った量のご飯なら太らない、そう思っている。
                      ●私は自分が育てたお米が大好きでご飯を食べ終わった後も、お米の心地良い余韻(後味)が喉のあたりから体の真ん中ぐらいに残っていて、それが次の食欲を誘う、朝昼晩のご飯が楽しみで毎回とても美味しく感じる、ご飯は毎日食べる、だから1年365日飽きない味が大切なのかもしれない、うーん飽きないぜ、うーん、これは自慢だ(自米自賛)。でも安心して食べられて自分が美味しいと感じるお米をお客さんに届ける、これはモットーだ、だからすべての田んぼのお米を日々我が家で食べて納得する。
                      ●少し余談になるかもしれないが、お米は毎年、選別外のものが出る。つまりお米の選別機のかけ始めとかけ終わりは選別がうまくできないので、それらは非売品の自家用として食べる。他にも乾燥機は毎回掃除するが、一定量のお米が中に残っている、それらも自家用になる、精米機もちょうどの量を精米するのが難しくて毎回余分が機械内に残る、これも自家用になる、他食べきれない等の予約キャンセル米、等々、2〜3年前のお米が(事前に知らされることなく)食卓に並ぶことも度々ある、でも実はあまり気づかない、我が家のお米はいつも美味しく感じる、古米でも古古米でもお米の粒の中に噛むほどに感じる甘みがある(うーん結局自米自賛かいなー、はい、すいません)、今日は田んぼの暗渠(きょ)の掃除などで力を使いました、夜は混ぜご飯3杯半に、おかず色々に、締めにお茶漬け、今日はよく食べました、お休みなさい。
                       
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << December 2014 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM